最近は家族葬や直葬が増えています。

ビル

ここ最近のお葬式はお金をかけないという傾向になっています。最近多くある葬儀の1つで家族葬と言われるものがあります。親族だけで行なう葬儀で予算面も格安で行なうことが出来る小さな葬儀です。この家族葬が最近多くあり一般の葬儀を行う所が減っている状況であります。また家族葬より格安の直葬と言われるものもあります。ここ最近この葬儀も増えている状況です。これは亡くなったら直接自宅に帰ることなく火葬場へ行くものであります。そこで簡単な葬儀を行いすぐに火葬する形をとるものです。この葬儀は費用的にかなり安く済むことからここ最近増えつつある葬儀です。このように費用をかけずにお葬式を行う傾向になっているのであります。

葬式で知っておくべき女性の服装

ビル

お通夜・葬儀・告別式には、必ずしも喪服で参加しなくてはいけないということはありません。黒のフォーマルスーツかワンピースで、長袖が原則。遺族よりも格式の高い礼服はいけません。スカートは膝下丈で、襟元の大きく開いた服は避けましょう。なるべく、素肌の色を見せないように心がけます。ネックレス、ピアス、イヤリングなどのアクセサリー類はパールが良いでしょう。光り物のアクセサリーは厳禁です。ストッキング、靴、バッグなども全て黒色の物を心がけます。お葬式に妊娠している女性は控えた方が良いと言う方もいますが、近い親族のお葬式など、どうしても出席したい場合は、お腹とお着物の間に、鏡を自分とは反対向きに入れておくといいとされています。いざというときに焦ってしまわないよう、お葬式のマナーや服装などは、あらかじめ知っておくことが大切です。