お葬式の費用で一番高いのは

ビル

お葬式の費用の中にはさまざまなものが含まれます。遺影を飾る祭壇やお花、棺や仏式なら僧侶に支払うお布施、参列者に渡す香典返しの品、さらに会場費や精進落としなどの飲食費もかかります。その中で、最もウエイトを占めるのが祭壇の費用です。葬儀社に相談するとまず祭壇をどのランクにするのかを決めなくてはなりません。これが基本セットとなり、棺や骨壷などの付帯商品も自動的に決められてしまうことになります。しかし、実際に葬儀に参列してみて祭壇の安い・高いを見分けることなどできるでしょうか。たとえやすい祭壇であっても、故人が好きだったお花がたくさん飾られていて、故人らしさの現れている祭壇ならとても印象的ですし、いいお葬式だと思えるでしょう。

女性のお葬式の服装について

ビル

お葬式には様々なマナーやしきたりがあります。まず女性の服装ですが黒色が基本です。突然の不幸で喪服を持っていない場合は大型スーパーや衣料品店でも喪服は購入できますのでそういったところで買い揃えるといいでしょう。喪服売り場またはブラックフォーマル売り場で購入するのですが、注意するのはスカート丈です。お葬式には膝が隠れる長さのスカートを着用します。座った時に膝が見えるのはよくないからです。夏の時期で半袖になる場合、ひじがなるべく見えないように長めの袖がいいとされています。アクセサリーは真珠や黒真珠ならいいでしょう。悲しみの席ですのでキラキラ光るピアスやネックレスはいけません。ストッキング、バッグ、靴も黒で参列します。