お葬式の香典マナーについて

ビル

香典はお通夜またはお葬式のどちらかに持参しますが、もしも参列が出来ない時には郵送をしてもマナー違反にはなりません。きちんと不祝儀袋に包み、お悔やみの手紙を添え、現金書留で送ります。金額は故人との付き合いの深さによって変わりますが、一般的には5000円~50000円ほどとなっています。不祝儀袋の表書きは仏式では「御霊前」や「御香典」、神式では「御玉串料」、キリスト教式では「御花料」などとします。また水引の種類も宗教によって異なり、仏式は黒白または銀1色、神式は黒白または白1色、キリスト教式は白無地の封筒となります。水引の下には自分の名前を薄墨で記入します。中袋の裏に金額や住所、氏名を必ず記入し、裏面は慶事と逆になるように、上の折りをしたの折りにかぶせてから水引をかけます。

お葬式での女性の服装マナー

ビル

葬式に参列する時は、故人を偲ぶ為の正装をするという意味で、略式の礼服を客用します。基本は黒やダークな色を着用します。女性の服装で避けるべきなのが、透けた素材やノースリーブ、ミニスカートなどの露出の多い服。冬であれば毛皮のコートもマナー違反です。派手なメイクやネイルアートも控えた方が良いでしょう。バッグや靴も黒色を選びます。しかし、エナメル素材や光る金具が目立つもの、靴はサンダルは避け、シンプルなバッグ、パンプスを選びましょう。ストッキングは黒、肌色着用します。夏でも素足は避けましょう。アクセサリーは二連のネックレスは禁止です。着用しない、もしくは一連のシンプルなパールを選びましょう。指輪も、結婚指輪以外の物は外しましょう。結婚指輪でも、光る石がついているものも外している方が良いでしょう。