葬式で必要となる香典のマナーについて

ビル

葬式に際し、遺族へ贈るお金が香典です。告別式や通夜の折に手渡すのが基本ですが、式場が遠いなどその場に出向くことが出来ない場合には現金書留などを利用して送り届けることも可能です。こうした香典を贈る際には、所定の香典袋が必要になります。現在販売されている袋には実の所様々な種類があり、相手方の宗教や宗派によって使い分けることが大切になるのです。同じ仏式であっても宗派によっては適さないものもあり、事前に遺族などに確認しておくことが必要になる訳です。中に入れるお金は出来るだけ新しい札は避けるようにします。贈る金額は立場によって違うのが一般的です。友人や同僚、近所の方などの場合には大分幅があるのが特徴です。

女性の葬式に関する服装について

ビル

葬式に参列する場合女性は地味な色合いのスーツまたはワンピースを着用するのが無難です。アクセサリーやバックについては光沢のあるもの、派手すぎないものを着用します。またアクセサリーのネックレスはホワイトまたはブラックのパールのネックレスを用いることが多いですがパールのネックレスでも二連は不幸が重なることを表し嫌われるようです。女性が喪主あるいは、ご主人が喪主の場合の服装は、和装が多いようですが、最近は洋装の方も増えてきているようです。夏の場合上着を着用するということも言われていますが、半袖の黒のワンピースでも大丈夫ですがやはり五分袖くらいの長さがあったほうがよいようです。暑くても黒のストッキングは着用しましょう。