葬式での香典返しとは

ビル

葬式をしたときに香典をもらった場合、後で香典返しをするのが一般的なマナーです。もちろん、家族などの身内のみで行う葬式だったりすると香典を受け取らないケースも少なくないですが、香典をもらった相手に対して粗品などを送るのがお返しにふさわしかったりもします。またはカタログギフトなどを予算を決めて送ってあげると、そのお返しを渡した相手にそのギフトの中から選んでもらえるのでもらって困らないお返しをあげやすくなってくるわけです。葬式といっても現在は色々なスタイルが用意されていますが、臨機応変に葬式に来てくれた相手に対応することが大事だといえます。お返しを渡す時期も融通を利かせてもいいのですが、内容も特に決まりはないです。

お葬式の服装について(女性編)

ビル

急なお葬式の場合、服装について悩んでしまいますよね。特に女性の場合、髪型からアクセサリーまで、気をつける部分が多いです。ここでは、基本的なマナーに沿った服装について説明します。まず、髪は長ければ黒色のゴムで清楚にまとめましょう。ノーメイクではなく限りなく薄化粧で、ピアスも外します。アクセサリーは、結婚指輪程度にしましょう。パールネックレスを身につける場合は、一連にします。マニキュアや光沢のあるものは控えましょう。喪服で肌をあまり見せないように、黒のストッキングを履きます。タイツでは生地が厚すぎるので注意。足元は光沢のない黒の革靴もしくは布製の靴で、ヒールが高すぎないものにしましょう。以上の点を気をつけて出席しましょう。