お知らせ

香典の表の書き方について

ビル

通夜や告別式で持っていく香典ですが、そもそもなんのことを言ってるのでしょうか。香典とは、線香や花の代わりに供えるもので、お金をのし袋に包んだものをいい、通夜か葬式に持っていくのが一般的です。香典といっても宗教によって微妙に変わったりするので、事前に宗教など調べておく、後からあわてなくてすみます。大きく分けると3つあります。仏教・仏式、キリスト教、神式です。仏教の場合は、御霊前や御香典などと表に書いてください。キリスト教の場合は、御霊前か御花料などです。神式の場合は、御玉串料などがあります。また、どうしても宗教がわからないときには、御霊前と表に書いてください。御霊前は、どの宗教でも失礼にならない書き方です。

終活をサポート

大阪で霊園を選ぶなら

浜松でペット霊園をお探しなら

喪服を作る時は急がない方がいい

ビル

仕事柄ときどき喪服の製作のお仕事をいただきます。その中で多いのが、友人やご親戚の方がもうあぶないので急いで作ってというパターンです。ご年配の女性の方はやはり高級志向であつらえた喪服をご希望されますが、なるべくなら急いで作らない方がいいと思います。そういうことは言われなくてもわかっていらっしゃるとは思いますが、いつお葬式があるか予測がつかないし季節により服装を考えないといけませんからオールシーズンいけるパンツスタイル・スカートもしくはワンピースのセットがおすすめになります。デザインや縫製もゆっくり丁寧にやったほうが価格以上のお品になります。なのであつらえる場合は急ぐのは極力お控えになった方が良いです。

サービス一覧

葬式で香典の包み方

訃報の知らせを受けた時、香典はお通夜か告別式の時に持参します。しかし、どうしても葬式に参列できないと

葬式で必要な香典の送り方

葬式に際し、遺族へ贈るお金が香典です。告別式や通夜の折に手渡すのが基本ですが、式場が遠いなどその場に

葬式時の香典を渡す作法

香典はお通夜またはお葬式のどちらかに持参しますが、もしも参列が出来ない時には郵送をしてもマナー違反に

式場でのエチケット

葬式をしたときに香典をもらった場合、後で香典返しをするのが一般的なマナーです。もちろん、家族などの身